ワキ汗

ワキ汗に対して、ボトックス治療が行えるようになりました。

 治療は、ワキにボトックスという薬剤を片側15~20ヶ所(ボトックスとして片側50単位) 注射します。 ワキ汗の減少は、2~3日後から効果が現れ始め、2~4週間で効果が安定します。効果の持続期間は平均6ヶ月間(4~9ヶ月)です。ワキ汗の減少は 4週間後で90%の人に効果があります。残念ながら100%ではありません。

 副作用は 144例中3例(2.1%)で認められ、いずれも軽度です。その内訳は ワキ以外の部位での発汗増加が3例(2.1%)、四肢痛が1例(0.7%)でした。

 費用は自費診療では12万円ぐらいですが、ワキ汗の程度のひどい場合 医師の診察により重度の原発性腋窩多汗症 SAHH Severe Axillary HyperHidrosis と診断される場合があります。重度の原発性腋窩多汗症と診断された場合は 健康保険でボトックス治療を受けられます。健康保険を使った場合の費用は 総額で3万1100円程度です。 当院青木クリニックでは保険適応のボトックス治療を行なっています。

診療フロー

ボトックス治療については 予約の上で診断をしてからの治療になります。お電話で予約をおとりください。

ボトックス注射は 手術に準じた治療です。ボトックスは腎臓で代謝されるために血液検査で腎臓、肝臓、血糖値などを事前に調べて 安全性を確かめてから注射しています。以前に 当院でボトックス注射を受けたことのある方が 再度ボトックス注射を受ける時も同じ診療フローとなります。 3回の通院が必要です。

診察1回目 診断の手順

多汗症の診断、同意書にサイン。所要時間 15分程度。お支払い 3,850円程度

多汗症の鑑別

 多汗症の診断、続発性多汗症の有無(甲状腺機能亢進症など)、原発性多汗症の診断、重症度診断、ボトックス治療ができるかどうかを診察と血液検査で調べます。 同意書にサインをいただきます。当局の指導により 同意書にサインをいただいてはじめて ボトックスの注射薬を発注することができます。この時に患者さんの個人情報(イニシャル、生年月日、性別、診断名、投与予定日)を ボトックスの製造販売会社であるグラクソスミスクライン株式会社に適正使用順守の目的で提供します。

診察2回目 治療の手順

1回目から1週間程度たってからボトックスの注射を行います。使用時間30分程度。お支払い 26,870円程度

ボトックス注射

 診察2回目に、ワキ汗に対してボトックス治療を行います。ワキにボトックスという薬剤を片側15~20ヶ所注(ボトックスとして片側50単位)射します。麻酔は使用しません。

患者さんに準備していただきたいこと

  • 施術前日には ワキを念入りに洗っておいて下さい
  • 原則としてワキ毛は 剃ってきて下さい。男性などでワキ毛を剃りたくない人にも そのままできるかぎり対応する努力をしています。
  • 施術時は ワキをだせるように消毒薬で汚れても良いタンクトップ、ノースリーブを着用して下さい。男性の方は 上半身ハダカになっていただいてもかまいません。
  • 施術後は ワキにガーゼを当てますので Tシャツなどに着替えてお帰りになる方がいいと思いますので着替えもご持参下さい。
  • お支払いは現金でお願いします。

診察3回目 フォロー

2回目から2~4週間してから診察を行います。所要時間10分程度。お支払い380円程度

 

注意点

  • ボトックス治療の予約日にお待ちしていますので、お守り下さい。
  • ボトックス治療の同意書にサインされた後は2ヶ月以内に治療をお受け下さい
  • ボトックスの薬代は 約10万円と非常に高価なもので返品が困難です。ボトックス治療の同意書にサインされた後2ヶ月以内に治療をお受けにならない時はキャンセルとなり、ボトックスの薬代をお支払いいただくことがあります。
    ボトックスの治療は 15才以上が対象です。

 

診療時間

平日の夕方、土曜日、日曜日も診察しています。
最終受付時刻は月~金6:45、 土曜日は3:45、日曜日は12:30です。
最終受付時刻までにご来院下さい。
国民の祝日は休診です。

診療時間
午前 8:45 ~ 12:30
午後 3:00 ~ 6:45

□金曜日 波木井(はきい)医師 内科 8:45~12:30 3:00~4:45
△土曜日午後の診察は 午後2:00~3:45です。

担当医

 

 
午前 青木 青木 青木 青木 波木井 青木 青木
午後 青木 青木 青木 青木 波木井 青木


金曜日 波木井(はきい)医師 内科 8:45~12:30 3:00~4:45